総量規制対象外

カードローンを利用するときに気をつけなければいけないのが総量規制の存在です。借りることができるお金を制限するこの決まりは、貸金業法で定められた法的な規制です。よって、どの貸金業者を利用しても総量規制はかかってくることになります。

 

総量規制とは

 

総量規制と対象外のカードローン

 

総量規制とは、借り入れができる金額の上限を年収の3分の1までとするルールのことです。この3分の1というのは1社のみからの借り入れではなく、借り入れすべてを合計したものです。

 

この規制は実際かなり厳しく、お金を借りているとすぐに上限にまで達してしまいます。カードローン利用者を守るための規則ではあるのですが、やはり不便なのも事実なのです。

 

総量規制で生じるデメリット

 

総量規制には、単純にお金をたくさん借りられないという以外にもデメリットが存在します。総量規制を守らせるため、貸金業者には利用者の年収を調査する義務が課せられるのですが、これは申込時の収入証明という形で利用者にも影響を与えます。

 

貸金業者からお金を借りるとき、単独1社なら50万円、複数からなら合計で100万円を超えるとき、必ず収入証明をしなければなりません。

 

審査に必要な書類が増えてしまうので、利用者にとっても負担が増えてしまうのです。

 

総量規制対象外のカードローンとは

 

ただ、こうした総量規制を回避する方法もあります。それが総量規制対象外のカードローンです。

 

総量規制は貸金業法の規制なので、貸金業法の適用を受けない会社は総量規制の適用も受けません。つまり、銀行法の適用を受ける銀行カードローンならば総量規制対象外なのです。そのため、銀行カードローンは年収の3分の1という枠に縛られず融資ができ、300万円までの融資なら収入証明不要など、独自で基準を設定して審査できるのです。