総量規制対象外

キャッシングを利用する前に心配なことは、融資の審査に通るかということでしょう。

 

審査に通るかの基準はカードローン会社ごとに異なっていますが、判断となる観点は同様です。年収、勤続年数、職業、年齢、他社借り入れの有無などの点から、返済能力を判断し、融資をするかどうかを決定します。

 

審査に通らないと考えて、正しく申告すべき情報を偽る方もいるようですが、嘘の情報を申告することは絶対に止めましょう。年収を少し多めに伝えたり、職場の情報を正しく伝えないなどの嘘の情報は、すぐ審査でバレてしまいます。

審査の際の申告は正確なものを

キャッシングの審査ってどこを見てるの?主婦の場合は?

 

身分確認証(健康保険証)や源泉徴収票、あるいは職場への在籍確認などで、個人情報や年収、職場等の情報は把握されてしまいます。また、他社借り入れの有無についても、信用情報機関からのデータにて確認することができます。

 

キャッシングの審査で嘘の申告をしてしまえば、申込先キャッシング会社だけではなく、他の会社からの借り入れも難しくなる可能性があります。事故情報として、各社でその情報が共有されてしまうからです。

 

嘘の申告を行ってしまったばっかりに、もしもの時にキャッシングを利用できないのは不便ですよね。キャッシングの申し込みをする際は、正しい情報に基づいた申告を必ず行いましょう。

 

一方で正社員でなければ審査に通らないということもありません。フリーターやパートでキャッシングの審査に通るか不安だという方でも、そのような方も対象とするキャッシングがあるからです。

 

学生専用のキャッシングもありますので、自分の身分に応じたキャッシング利用をすることも、審査に通るために重要なことかもしれません。

主婦の場合の審査内容はちょっと違う

キャッシングの審査ってどこを見てるの?主婦の場合は?

 

利用条件で、主婦やフリーターもOKとの記載があるものを利用しましょう。

 

みずほ銀行のカーローンや新生銀行レイクなどが主婦の借り入れ可能な大手のキャッシング業者です。

 

ただやはりその際でも、勤続年数や借り入れ希望額によっては審査に通らない場合も考えられますので充分注意が必要です。

 

パートなどで収入のある主婦の場合、通常のローンの考え方でまず問題ありません。しかし、本人に収入のない専業主婦の場合は審査内容が変わってきます。

 

主に旦那様の収入や勤務状況などが審査対象になります。貸金業者によっては旦那様の勤務先に在籍確認の電話が必要な場合もあります。

 

また、専業主婦は本人に収入のないことから限度額が低く設定されています。ほとんどの貸金業者が30万円ほどの限度額に設定されていることが多いです。

 

 

自分で返すことのできる金額を計画的に借り入れすることが大切です。

 

最近では、女性専用ローンとしてみずほ銀行がMyWingというサービスを始めたので、こちらを利用するのもおすすめです。